「豊葦原の瑞穂のジュマペール」
(とよあしはらのみずほのじゅまぺーる)


  管理人のにほんざると申しますv(*´Д`)

 このブログは亀井絵里さんが出演されたテレビ番組や、DVD等の映像を
 キャプ画した画像と共にピックアップすることをメインとしていました。

 亀井絵里さんが卒業された現在は、ロケ聖地巡りのレポや駄文の更新をしています。
 かなりサボっていますが、今後ものんびりと更新して参ります。
 尚、レポは身内向けに更新したmixiよりコピペしたものなので
 読み苦しい表現があるかと思います。予めご了承ください。

 モーニング娘。を卒業された亀井絵里さんへ[2011/01/22 22:30]

 亀井さんの卒業と共に、にほんざるも現場を卒業しました。
 どんな形でも(芸能界ではなくても)、亀井さんが復活する日を待つばかり。

 亀井絵里は永遠の愛の形!


Archives

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀井絵里DVD「20 DREAMS」沖縄本島ロケ地巡り② 

「20 DREAMS」ロケ地巡り、後半戦です。


ちゃんや~から南へ歩く。
「レストラン民宿 岬」
0010-20140830b.jpg
亀井さんも言っていますが、本当に静かでいい所です。
0010-20140830.jpg



「あおさ」を知らなかった都会っ子亀井さん。
蚊に刺されちょっとご機嫌ナナメだったポイント、「備瀬美ら海貝類標本館」
0009-20140830b.jpg
なんだか怪しい雰囲気(笑)
0009-20140830.jpg



「サーターアンダギー トモ」
0021-20140830b.jpg
パラソルが閉じていたのが残念。右ののぼりがひらがなになっている!
0021-20140830.jpg
トロピカルピーチ味のかき氷と、サーターアンダギーを食べました(*´д`*)
店にはあのご主人がいたので一緒に記念撮影させて頂きました。
僕らのように店を訪れた人が他にもいたそうです。
0020-20140830.jpg




備瀬から東、亀井さんが自転車で渡った古宇利大橋を車で渡り、古宇利島へ!
「古宇利島ふれあい広場」
0022-20140830b.jpg
あの距離を自転車で渡ってのこの余裕顔は、さすがの脚力。
0022-20140830.jpg




ふれあい広場内の見晴らし台。
0023-20140830b.jpg
結構何度も撮り直した。
0023-20140830.jpg




そして最後に夕日の時間に訪れたかった場所。
亀井さんが海に沈む夕日を眺めながら、仕事での悩みや家族とのことを語った場所。
「冨着ビーチ」
0025-20140830b.jpg
奥に新しいホテルが出来ていたり、後ろの建物も改装があったようです。
0025-20140830_20150312124727f59.jpg




冨着ビーチは見つけるのに一番時間がかかった。
ストビューで表の通りを見て映っている建物を探したり、画像検索したり。
奥のホテルが判断を鈍らせたし、似た半島突き出したビーチも多く、DVDと何度も見比べた。
ビーチならば他にも訪れている喜瀬ビーチだろうと思い込んでいただけに、直前に気付けて良かった!
0026-20140830b.jpg
0026-20140830.jpg




ここには結構長い時間いたな。
締めくくりにふさわしい。
0027-20140830b.jpg
0027-20140830.jpg




締めくくったはずが、帰りに寄り道。
「北谷公園のテニスコート」
0028-20140830b.jpg
位置的に昼間に行くのは無理なので行程から外していたけれど
仲間が行きたいと言ってくれたので、夜だが行ってみた。
暗くて風力発電の巨大風車も発見出来ず。
風車が近くにあり、テニスコートの形状からしてここで間違いないと思いますが
中にも入れないし、な~んとも微妙な画像となってしまいました!(笑)
0028-20140830.jpg




そんなグダグダなラストが自分ららしいなと。
沖縄本島の「20 DREAMS」ロケ地巡りが終了。
0029-20140831.jpg


「本島」と強調するのはもちろん、他にも巡れていない撮影地があるから。

大事な大事なナガンヌ島も時間がなくいけず。
0035-20140806.jpg
亀井さんが手で「20」を作り変な足踏みをしたこの場所とか
0018-20140806.jpg
この場所とか
0020-20140806.jpg
この場所もどこなのか皆目見当もつかない。
0054-20140806.jpg

いつかリベンジマッチと行きたい。
沖縄と言えば他に6期写真集の石垣島
映画「星砂の島、私の島 ~アイランド・ドリーミン~」の竹富島もある。
う~む、全て行きたい・・・・
会社一週間くらい休んで全制覇したい、それがいい。


そんなに休み貰えない(;´д⊂)


フィニッシュ!

亀井絵里DVD「20 DREAMS」沖縄本島ロケ地巡り① 

2009年1月14日発売の亀井さんソロDVD「20 DREAMS」の撮影地巡りです。
昨年8月に行ったので、DVD発売から5年半後ということになります。

DVDの内容はこちら。
亀井絵里ソロDVD/20 DREAMS/前半
亀井絵里ソロDVD/20 DREAMS/後半

このDVDと同じ時期に発売された写真集「20(はたち)」も沖縄での撮影ですのでこちらも意識しながらでしたが
いざ終わってみれば完全にDVD寄りのロケ地巡りとなりました(´ー`)

2泊3日という時間のない中でロケ地巡りにあてることが出来た時間は1日だけ。
全てを回ることは出来ませんでしたが、観光やショッピングを楽しんだり、シュノーケリングを体験したりと、とても良い旅行となりました。
いつか行ければいいとは思っていたけれど、こんなに早く行けたことと
楽しい時間を共有出来たことに、誘ってくれた仲間に感謝です。


ノノ*^ー^)「朝はお米なの」ということで、もちろん朝はお米です。
0001-20140829.jpg

羽田で仲間と合流し、16時ころ沖縄那覇空港到着!!
なぜだろう、外はあまり良い天気ではなかったが、到着した時からのんびりとした空気感が漂う。
沖縄のムード。気のせいか!
0002-20140829.jpg

レンタカーを借り、ホテルにチェックインしてから国際通りへ。
着いて早々、お土産選びです(笑)
結構買ったな。
会社にはちんすこう100個入りを買っていった。
0003-20140829.jpg

晩飯は「あんがま」というお店。
外の女の子に釣られてのご入店。
0003-20140829b.jpg

適当に。うまい!冷房効きすぎて寒い!
0004-20140829.jpg

沖縄民謡の生演奏に合わせ、みんなで踊りました。
BEGINの「島人ぬ宝」は名曲だ。
曲は知っていたが、沖縄で生演奏で聞いて良さに気づかされた。
0005-20140829.jpg


早朝6時起きで出発!ホテルからの絶景。
0007-20140830.jpg

8時からシュノーケリング体験をし、沖縄の綺麗なサンゴと熱帯魚、そして青の洞窟に心癒され



さて、旅の目的




ロケ地巡りへええええ~~~!!!!





0002-20140806.jpg
亀井絵里さん20歳を記念して、20個の夢を語る映像。
亀井さんのくせのある絵とポケポケボケボケとした語り
そしてスタッフの悪意に満ちた亀井さん愛の感じる編集に、時折見せる本気モードの表情。
10代から成人を迎え大人の階段登る亀井さんが一体何を考えているか知ることができる
ファンには堪らない永久保存版の 世 界 が 泣 い た 級の素晴らしいDVD。

このロケ地に来ないという選択肢は、ロケ地巡りヲタの自分にはない。
だからこそ、仲間とこんなに早く来れたことを嬉しく思う。
誘われなければ、きっと遠い先になっていただろう。
関東圏にまだ行きたい場所はいくつもあるから。


少し熱くなってきたな(笑)
それ程にテンションが上がったということだっ!


アールイズ・スイート ~海の教会~
0008-20140830b.jpg
外側から。
0008-20140830.jpg




道の駅許田で沖縄のテンションで記念にスクラッチを削るが見事撃沈してからの、高速かっ飛ばし2時間。
備瀬フク木並木通り。
0011-20140830.jpg

亀井さんが20個の夢を語った場所「古民家の宿・お食事処 ちゃんや~」があります。
0012-20140830.jpg




5年半。シーサーやブイの位置も変わっていません。
0013-20140830b.jpg
0013-20140830.jpg




亀井さんが書き物をしたテーブル。
0014-20140830a.jpg
木の囲いやすだれがかかっていたりと、よく見ないと判別できなくなっていました。
0014-20140830.jpg




寄りかかった柱。
0015-20140830b.jpg
すまぬ。これくらいは許してくれ。
0015-20140830.jpg



ちゃんや~での食事は完全予約制。
沖縄で初めて海ブドウを食べてはまりました。
0016-20140830.jpg

あぐー豚の陶板焼きセットにしました。
なかなか肉厚でボリューム感がありました。
0017-20140830.jpg




亀井さんが書き物をした場所@外
店の人に聞くと撮影のことは知らないけれど、「このグラスならあるよ!」と持ってきて下さいました!
感動!!!
0018-20140830b.jpg
テーブルも位置も違うし、建物も木の壁が出来たため、同じアングルにはならなかったが
グラスがまだあったことにテンション上がるヲタ2人。
0018-20140830.jpg


とにかく、ちゃんや~が一番の目的で来たので、グラスが残っていたことが一番の収穫。
「下さい。買い取らせて下さい。」と言いたい衝動をグッとこらえ、こっそりひっそりつい当たってしまったとばかりに口につけたい衝動を抑え


何もしてませんよ。
ここを聖地として訪れる絵里ヲタさんがきっと他にもいる。
変えない、汚さないことがマナーだ。

それにしても、亀井さんを知らなければ、こんな沖縄本島の奥まで来なかったんだろうな。
他にも観光地はたくさんあるのだから。
備瀬フク木並木、とても静かで昔ながらの沖縄の風景といった感じでいい場所でした。
ちゃんや~もまた来るだろう。

さて、②に続く。


Berryz工房ラスト紺2015~Berryz工房行くべぇ~!~/日本武道館3/3(火) 

Berryz工房さんのラストライブ、行ってまいりました。

なんとか意識しないよう心がけていましたが、その時点で意識しちゃっているわけで(笑)
直前になって行くと決断。
トクだ値の割引も微々たるものだし、チケットも選べず、だいぶコスト面きびし~い!!
その上仲間も直前に連絡したところで予定を合わせられるわけもなく、寂しいおひとり様日帰り遠征となりました(;´瓜`)

が、Berryz工房さんの活動停止ラストライブを見届けることが出来たことは本当に光栄に思う。
実際には帰りの新幹線の都合で途中で抜けてしまったのだが
自分がハロヲタをしていた頃の懐かしい曲をいくつも聴けて、さすがにグッときた。


長岡辺りから、まだまだ真っ白な世界。
s-P1090505.jpg

ライブ前にはもちろんのこと、ロケ地巡り。
今回は2007年4月22日放送の、ハロモニ@阿佐ヶ谷です。
s-P1090506.jpg

メンバーがぶらついた阿佐ヶ谷パールセンターは、グーグルのストビューで見ることが出来ないため
事前の下調べはほどほどに、現場確認となりました。
撮影のことを知る人と話が出来たり、なかなか収穫のあったロケ地巡りとなりました。
そのうち更新・・・するかな?(いつものこと(笑))

亀井さんが「ガマ」について聞きにいった、そば屋「松月庵」
s-P1090542.jpg

昼前だったのでお客は自分だけ。
静かにあの日天使の現れた入口を眺めながら、たぬきをすすりました。
あの昭和感漂うお母さんはあの日のまま、割烹着でご活躍でした!
s-P1090547.jpg

阿佐ヶ谷を制覇し、和泉多摩川。
イサゴさんの店で買ったベイクドチーズケーキをここで食す。
本当は同じレアチーズケーキが良かったが、フルモデルチェンジしていた。
亀井さんも好きだし、ならばとベイクドにした。
s-P1090556.jpg

なんだかしばらくここで青空を見られていないような(;´д`)ゞ
この日は3月にして真冬並みの寒さとなりましたが、不思議とここではあまり寒さを感じなかった。
パワースポットのような感覚。
平日ということもあり閑散としていましたが、こんな中親子連れが楽しげに遊ぶ姿を見てほっこりと。
次はいつ来られるだろうか。


日本武道館ログイン。
s-P1090568.jpg

名だたる著名人達のベリ推しっぷり。
改めてハロプロに無くてはならない、偉大な存在であると感じる。
s-20150303-171750.jpg

座席は東のD列、ファミリー席。
過去の参戦は西のD列だったが、ステージの完全ま逆に双眼鏡を向けることに抵抗があった。
ということで少し距離のある東にしたが、こちらの方が見やすかった。
かかか、関係者席の話です。すすす、すみません。

結果亀井さんは現れませんでした。
Berryz工房好きのさゆは絶対に来ると思っていたのですが、さゆも現れず。
娘。を卒業し、完全にスイッチを切っているようだ。
れいなのブログ記事が削除されたのも、さゆの雲隠れを手助けするための事務所からの配慮だろう。

その他のメンツはなかなか豪華でしたね。
メロン記念日が全員集合していたし、まさかの小春にやぐっさんに、梅さんもいた。
こういう現場によく現れる小春の心の温かさ。

開演時間が20分遅れてしまい、本当に中盤までしか見られずとなってしまいましたが
デビュー曲を見られたのは良かったな。
心配されていたりしゃこの喉も、しっかりと歌える状態に持ってきていた。
さすがやね~。

亀井さんが見られなかったことはさすがにショックで、乗り鉄駅弁も回避。
s-P1090571.jpg

今回も会えずとなってしまいましたが、それはきっとまた次の機会があるということでポジティブに受け止める。
行かずに後悔するより、行ってショックを受ける方がまだ清々しい。
こうやって続けていれば、いつかきっとまた亀井さんに会える。
これからもにほんざるは雪国より、亀井さんの現れそうな現場に駆け付けるさ!
財布と相談して!!(笑)

Berryz工房ラストコンサートへ向けて 

横浜アリーナの惨敗っぷりもすっかり開き直ったものですが


やっぱりどうしても、、、、


ね、、、、


行きたい。
Berryz工房さんのラストライブ。


きっとさゆは行くだろう。
さゆはBerryz工房が大好きだ。
するとだ、亀井さんが隣に座っている姿が浮かぶ。

そんな理由だ。
俺を許してくれ。
俺はあくまで、亀井絵里さん単推しのヲタ人生。

もちろん、Berryz工房さんのラストに立ち会えることを非常に嬉しく思う。
亀井さんのファンだとはいえ、亀井さんの現役時代はハロプロの全てのグループを見ていた。
彼女らの頑張る姿は4年前まではしっかりと見てきたつもりだ。

個性が強く、体系や容姿的にもだいぶ変化のあったグループ。
曲や振り付けも個性的なものが多くハロ紺ではかなりテンションをあげさせてもらったものだ。


アイドル10年とは言うが、まだまだこれからと思っていただけに
解散のような雰囲気を臭わせる活動停止発表は衝撃だった。

そこからの今まではたくさんの葛藤があっただろうが
そんな彼女らのラストの場に立ち会えることに、また亀井さんに感謝する。
新潟からは、簡単には参戦出来ないものです。


さゆの卒業式で亀井さんを見られるのはラストのつもりで参戦した。
けどあの惨敗ぶり。

今回は来るのかも分からない。
それでも可能性は高い方だと思う。



ならば行くしかない!!!!



公演まで一週間しかないのに、やっと決断(笑)

えきねっとのトクだ値も、もう15%割引しか残ってない(;´瓜`)
高い日帰り参戦となるが、その価値がある。


亀井さんがその場にいる(かもしれない)のだからーー!!


和泉多摩川も行ってこよう。
ロケ地巡りも昼間行けるかな。
のんびりと寝過ごさなければ。

GIVE ME MORE LOVE~道重さゆみ卒業記念スペシャル~/横浜アリーナ11/26(水) 

れいなの卒業以来となるライブ遠征。

今回も平日なので、会社の指定休日日数に足りなかった分を割り振り
更には帰りの新幹線に間に合いそうもないので、翌日は有休を使って連泊で行ってきた。
最高に幸せなプランである。

だがしかし、今回のラスト亀井さんチャンス、結果は悔しさと悲しさでうな垂れる結果となりました(T_T)
ライブから2週間が経とうとしていますが、やっと少し気持ちを持ち直してきています。(笑)


そんなレポですが、記録ヲタ記してまいります。

朝は9時ころ新潟を出発。
恋の始発列車に飛び乗って、この日ロケ地巡りもするつもりでいたが
睡魔には勝てず、結局いつも通りのんびり。

恋の小田急列車に飛び乗り換えて、ライブ前に寄り道。
当日は残念なことに雨風吹き荒れる悪天候で、枯れ葉のこの通りもビチョビチョであります。
20141126-123120.jpg

枯れ葉の先はもちろんここ、亀井絵里卒業記念DVDの撮影地。
今年は2回しか来れなかっただろうか。
20141126-123422.jpg

水たまりを避けて、撮影スポットまで歩く・・・
寒さで既に心が折れ始めている(笑)
20141126-123801.jpg

変わらない景色。
20141126-124236.jpg

濡れているので、いつものように座って缶コーヒーをすすりながら音楽を聴くことも出来ずでしたが
ここにくるとやはり心が浄化されていくのを感じます。
にほんざるにとって一番のパワースポットです。
雨のおかげでこの日は誰もいません。
貸切だ!!(ポジティブ)


つま先に浸水を確認!!直ちに避難を開始する!!
20141126-124418.jpg

ちなみに、写真に写る紙袋は仲間への誕プレなのですが
再生紙だったのかすぐにボロボロになって、近くのアパートの屋根を借り、別の小さい袋に詰めこんだ(笑)
友人たちよ、くしゃくしゃのプレゼントですまぬ・・・

さて、新横浜へ。
和泉多摩川からは近いようで、乗り換え4回で1時間もかかった!!

今宵の宿、新横浜プリンスホテル。
チェックイン時間と同時に行ったら、受付の列が私服のお一人様ヲタだらけで笑えた(笑)
そしてもちろんそこに俺も混ざる(笑)
20141126-144242.jpg

遠征ヲタ、遠征先のホテル滞在がこれまた大好きなわけだが
ここは値段の割に広く、静かで景色も良いのでかなり気に入りました。
今後重宝しそうな宿です。
って、横アリに遠征に来ることってもうないのかな~。
ヲタ復帰、予定なし!


懐かしい装備に身を包み・・・
20141126-153729.jpg

和泉多摩川で冷えた身体を温め、駅で買った「道頓堀 くくる」のたこやきを食し
いざ出陣。

モーニング娘。'14コンサートツアー秋
GIVE ME MORE LOVE~道重さゆみ卒業記念スペシャル~

@横浜アリーナ

20141126-171515.jpg

【11/26 千秋楽】
座席:スタンドファミリー東2列6?番
装備:22歳生誕T、12色キンブレ、双眼鏡

まずは裏手で関係者通用口を眺めていた。
もちろん遠くから見ているだけです。
雨と寒さで震えが止まらなかったが、後悔したくはなかった。

俺の視力では全く判別できませんでしたが、何人か若い女の子は入っていった。
二人組の女の子の片割れが少しスピードを緩めこちらを見ていた。
にほんざるは秘儀・究極のポジティブシンキングを発動させ、その子を亀井絵里とした。
当時のいつもの格好をていたからやきっとーーーー!!
絶対関係ないよね(笑)

ちなみに一人はピンクのマフラーをしていた。
公演後に誰かのブログに写真がうpされ判明することを祈り・・・

どこにも載らなかったね(;´瓜`)


内部へ。
恒例、ごっちん先生からの花が見当たらず。
花が多すぎて、OGからのものはもしかすると裏に展示されたのかもね。
その中に亀井さんも絶対あったのだろう。
20141126-172828.jpg

会場のセットはライサバと同じですね。
アリーナの客席が少し違うようです。
20141126-173530.jpg

悩みに悩み、結局座席は東スタンドにしました。
しかもメインステージ寄りで絞って。
理由はもちろんBOX席が見やすいように。
同じフロアの方が見やすいのでまずはスタンドが確定。
BOXに近ければ、BOXと一般席との間の壁が障害となり見えなくなるので、正面か斜めからのアングル。
更には人はステージに顔を向けるので、北は消える。
ということで東がベストだと。

メインステージの上空につるされた芋虫のような巨大スピーカーに視界が阻まれる不安はあったが
結果、座席としては正解だった。

座席としてはね・・・・・



(;´д⊂)


公演始まる前に、南スタンドに寄ってBOXと一般席を隔てる場所をチェック。
半透明のアクリル板ががっつりと間に設けられてあり、中を窺うことは不可能だった。
恐らくこの関係者エリア内にエレベーターや階段があり、関係者は一般客と一度も会うことなく出入りすることが出来るのだろう。
ショックで呆然とするが、こうなったらもう自分の座席から見られることを祈るしかなし。


座席に戻り、オレンジTになる。
すると後ろの二人組の女性が

「へ~オレンジってあるんだ。」と。

え・・・今ってオレンジってないの?
確かくどぅ~さんがオレンジだったと思うが、例のクールハローがどうのこうので、オレンジってないの?
なんだか耳に残って気になってしまったが

そんなことを気にしていられない!!
明るいうちに双眼鏡のピントを合わせないとーーーー!!


(クルクルクル)


・・・・

え?


(クルクルクルクルクル・・・・・)



ウソだろ・・・・




よく見えない!!!\(~o~)/


2007年ボンキュの時に奮発して購入したまあまあの俺の双眼鏡、エリリンミルンジャー。
今まで不便を感じたことは一度もなかったが、全くもって恐るべし、横浜アリーナ。
距離もそうだが、焚かれたスモークで上空モヤつき、公演始まると暗転し更に見えなくなった。


いや、いいんだ。

そこまでは想定済みだ。
それでも、亀井さんが見られれば、それでいいんだ。

スモークでモヤついている側は判別が難しかったが、メインステージから離れた側のBOX席は何人かはよく見えた。
ベリと℃はグループごとにまとまって同じBOX内で見ていた。
中澤さんもステージに上がる前から気づいたし
マー君里田さんも、里田さんのあの田舎臭い、明るい動きですぐに分かった。
なぜか菊池亜美さんもすぐに分かった(笑)
新潟にちょっと縁があるからでしょうかね(笑)

メインステージ寄りのBOXにOGがいるようだが、この辺がモヤついて分かりづらかった。
きっとここに亀井さんがいる。
親友道重さゆみの卒業式だ、きっと最前列か?
ガキさんの隣か?いや愛ちゃん?

後悔したくないから、それっぽい方2名を順番に見ていた。
途中南スタンドにいる仲間から教えられた子も含め、3人を見ていた。



でも何か違うのだ。。。。



こんなことばかりをしていたわけじゃない。
ちゃんと公演も見ていたし、引くほど泣いた。
過去最高の卒業式だったと、本当に思った。

ソファのVTRからの「時空を超え 宇宙を超え」
この曲は名曲ですよね。
なんだか娘。っぽくないな~とか思うけど、マイナスな印象ではなく、むしろプラス。
さゆのいるモーニング娘。'14らしい曲。
にわかが勝手言えば、カラフル+さゆの代表曲なような印象を受ける。
静かな曲調になんだかセンチメンタルモードのスイッチが入って、早速号泣してしまった。

さゆおつかれえ~(;´д⊂)

Hello_Project-507583.jpg


中盤、怒涛のスペシャルロングメドレー。
途中から足をつって踊れなくなってしまったさゆ。
その時は怪我をしたのだと思っていたのだが、12年間の締めくくりとなる自分の最後の公演をトラブルなく終えることが出来ない悔しさは、どれほどのものだろうと
さゆのことが心配で涙が止まらなかった。

だがしかし、さゆを双眼鏡で表情までしっかり見てみると
思っていた表情と全然違っていたのだ。
動揺は絶対にしていただろう、泣きそうにもなっただろう。
でもメドレーの間、キリッとした表情を崩さないのだ。
センターステージに移動した他のメンバーを追いかけることは出来ず、メインステージに一人取り残されるさゆ。
毅然と、上半身だけを動かし、歌い、まっすぐ仲間たちを見て踊り続けるのだ。

Michishige Sayumi-507849

一度としてステージ裏にはけようともせず、スタッフに助けを求める様子もなく
ついにはスタッフが自らステージに出てきてさゆに駆けつける状態。
ステージを下りずに、自分の意思で可能な限りのことを一生懸命にやる。
そんな印象だった。

思い出すのは、ライサバの中野。
曲中、靴ひもを絡ませ転倒してしまったさゆ。
すぐには立ちあがれず、パニックを起こしライブは中断。
亀JLの卒業ツアー、聖地中野での最後の夜公演。
だからこその焦りだったのだろうけど、再開まで結構な時間を要した。



俺の中でのさゆは、この頃で止まっていたから
表情に出すまいと気丈に振る舞い、更には他のメンバーを気遣ったり、会場を笑いを起こしたり
俺の知っている弱かったさゆは、そこにはもういなかった。

亀井絵里が卒業し、長く共に活動した仲間も次々に卒業。
そして田中れいなが卒業してからの約一年半。
プラチナ最後のメンバーとなったさゆは、若いメンバーの中でお姉さん役として気を張ってきただろうし
だからこその強さと、パフォーマンスの向上、そして容姿の変貌だろう。
4年前とは雰囲気がまるで違う。
モーニング娘。を背負って立っている。
そんな姿を見たら、泣かずにはいられなかった。


Fukumura Mizuki, Ikuta Erina, Ishida Ayumi, Michishige Sayumi, Sayashi Riho, Suzuki Kanon-507701

そしてもちろん、そんな姿を見て亀井さんも号泣しているに違いないと
涙でくもる双眼鏡をBOXに向ける。

泣いていたり、いなかったり、まだ本当に亀井さんなのか不確かで、なんだか入り込めない。

何かが違う。
そう思って、スマフォの明るさを最低にし、更にはケースで周りの迷惑にならないよう気をつけながら
掲示板サイトを開いたり、目撃情報を検索し続けた。
目ぼしい情報な何一見つからない。
亀井さんらしき人をずっと探し続け、仲間に教えてもらった子も何か違う。
それが亀井さんだと思えば、その行動のすべてに悶えてしまったけれどね・・・(笑)

ちょwコラwww
Michishige Sayumi, Sayashi Riho-507420

「見返り美人」
Michishige Sayumi-507724

どうしても消えない違和感を抱えながら、ライブはラストスパート。


合宿の課題曲、赤いフリージアを一人で歌うさゆを見て
本当にプラチナの全てが終わるんだと思った。
にほんざるが追いかけていたのは主にプラチナ期だから、プラチナばかりを出して申し訳ないが
やはり俺にとってのモーニング娘。はプラチナであり、亀井絵里なのだ。
あの頃の娘。を追いかけた思い出がいつまでも大きく
それがさゆの卒業でもって、締めくくられることはとても感慨深かった。


12年もの間、歌もダンスも苦手なのに活動しつづけ
そして若手の手本となり、見守り、去っていくさゆはカッコよすぎる。
そんなさゆヲタの皆さんの心情をお察し申し上げる。
濃い12年間だったでしょう。
この日終わってきれいサッパリ気持ちを入れ替えられた人は少ないだろう。
きっと、その後も毎日泣いているんじゃないかと思う。

Michishige Sayumi-510005

Michishige Sayumi-507744


さゆの大好きな「歩いてる」を見届け、席を立つ。
無意味だろうと思いながらも、一般と関係者エリアを隔てるあの半透明アクリルまで走った。

すると全く同じ亀井絵里22歳生誕Tを着る女性ヲタさんが駆けつける。
考えることは一緒だ(笑)
この方はきっと、れいなの卒業式の時も関係者通路にスタンバイしていた
Tシャツがかぶったあの女性ヲタさんだろう。
俺と同じレベルで必死過ぎる痛悲しいヲタさんである。

「亀井さん見れましたか?」と聞くと、「まだなんです。」と残念そうに答えた。
そんな女性ヲタさんのためにも絶対に現れて欲しかったが、公演終わり、BOX席に入りきらなかったエッグと思わしき若い子がアクリルの向こうへ入っただけで
亀井さんが現れることはなかった。

「全力は尽くしたということで」とお互い健闘をたたえ合い、解散。
もうダメなんだなと思いながらも、外へ周り、仲間と関係者通用口を遠くから見た。
何人かは分かったが、亀井さんは分からなかった。
2人組のタクシーが怪しかったが、はっきりと分からなければ意味がない。


寒い中、カプヲタ君がいつまでも付き合ってくれ
途中美貴様ヲタの見知らぬ美人女性も交えて待ったが、最終的には警備員に排除された。
遠くから静かに見ているだけなのに(;´д⊂)


その後しばらく仲間と駄弁り、懐かしい絵里ヲタさんとの再会に心温められ
ホテルへ帰還した。


ディナータイム。
まだこの時は祝杯のつもり。
20141126-224805.jpg


きっと見ていた中に亀井さんはいたのだろうと思いながらも、
ホテルに戻っても違和感はなくならず。


きっと絵里ヲタさんならわかるだろう。


一番おかしいと感じたこと・・・・



リアクションが薄い。

亀井絵里さんは、嬉しい時、楽しい時、感動した時



もっと周りを巻き込む!!



隣にもたれかかったり、後ろにのけぞったり。
亀井さんはとにかく落ち着きがない。
テンションが上がっている時は特にそうなっていたはずだ。

一般人として生活する中で、亀井さんは変わってしまったというのか?
それは少しは変わっただろうけど、大人になったのだろうけど
あんなに変わるとは思えない。



深夜2時まで掲示板サイトなどで目撃情報を探したが、分からず
一つだけ、妹の理那ちゃんと来ていたことだけが分かる。
なるほど、それなら俺の見た2人組は可能性が高い。
だがあれでは見たに入らないし、到底癒されない!!



翌朝になり、やっとどの席にいたのかが判明する。



にほんざるが見ていた子は全て違うことが判明。
意表を突かれた。
OG組と離れた別のBOXだなんて・・・。
最前列どころか、後ろの席だなんて・・・。

更にショックなことに、その席はスモークもクリアになって、自分の席からよく見える席だった。
もちろん双眼鏡で顔が判別できるほどの距離ではないが、
確かにそこに女性2人組がいたのだ。
でもまさか、マー君や背広連中のBOXの後方にいるとは思えなかったし、一人が亀井さんだとして、じゃあ隣は誰だ?
OGと離れ、あんな場所で見慣れないシルエットの女性と見ているはずがない。
どこかのタレントさんが見に来ているのだろう、と。

そう、最初の時点で候補から外してしまったのだ・・・
理那ちゃんがさゆと仲が良かったなんて、知らなかった。
姉妹で来るという可能性を考えていなかった。
情報不足と、思い込みの俺が悪い。


分かっていれば十分亀井さんのあの癒しのリアクションを堪能出来たはずだった。
十分ハァ━━━━━━;´Д`━━━━━━ン!!!!出来るはずの席だった。



テンションガタ落ちで、ハロモニ@亀有のロケ地巡りへ出発。


あまりにも落ち込み、歩く足が何度も止まる。
亀有へ向かう途中、この駅が目に入り、思わず途中下車。
20141127-121146.jpg


平日の昼時のため、労働者達は昼飯を求め外を颯爽と闊歩する。
その中で少し涙を浮かべ、ノロノロと歩くにほんざるは非常に気持ち悪いと自覚している。

テレ東を拝み、再びメトロで亀有まで向かい、気を紛らわそうと張り切ってロケ地巡り。
放送から7年以上経ちますが、変わらない街並みが妙に優しい葛飾柴又でありました。



どんなに悔やんでも時間は戻りません。
これで終わりなんて思えるわけもなく、必ずまた違う場所で会えると思うことにします。




次はベリの日本武道館か・・・
確率は、高いよね。
さゆが行きたがるだろうし、一緒に行きそうな気がする。
仕事の予定だし、休みを貰って遊んでばかりいられない。
少し考えるが・・・。
平日公演、勘弁してください(;´д`)ゞ


もう二度と・・・ 

前回の記事にも書いたけれど、その日が近づくに連れて気持ちが高ぶってきている。

もしかすると、もう亀井絵里さんには二度と会えないのかもしれない。

そうさ、ただのファンですから
「会えない」というより、「見られない」が正解だね。
でもなんというか、「会えない」の方がしっくりくるよ。
亀井絵里さんは俺にとってはそういう存在。

亀井さんが卒業してから、早4年が経つ。
最初の半年は、一人になっては思い出して涙していた。
特に卒業してから二ヶ月後に、一人で行った船橋・神谷町駅・渋谷・和泉多摩川のロケ地巡りは
今思い返しても切ない。

P1040163.jpg

ロケ地巡りをして食いつなぐような、この4年間。
亀井さんは何をして過ごしてきただろう。
たまに誰かのブログに写真がアップされると、そこにいるのは美女で間違いないのだけれど
写真からは伝わってこない。
あの頃の元気に笑い、間の抜けたことを言って場を和ませるえりりんの姿。
当たり前だ。
そこまで期待するなんて、贅沢な話だ。
休養中で静かに過ごしただいだろうに、写真の掲載を許してくれただけでも亀井さんに感謝だ。
俺たち亀井さんファンのことを思ってのさり気ない優しさのようにも感じた。
深読みし過ぎか。


アップされる写真はいつも黒髪ストレートで、あまり濃い化粧をしていないような自然な顔。
現役時は、愛ちゃんと並んでファッションにこだわりをもっていたような亀井さんの姿からすると
その姿は意外に思えた。

「治療のため」

そう言って活動を休止したのだからと、亀井さんはオシャレも我慢しているのではないかと
身体のためとはいえ、自制とはいえ、それがストレスになってはないだろうかと
少し不安に思うところがあった。
深読みし過ぎか。again


亀井さんは現在25歳。
まだまだ若さを楽しんでいい年齢。
今という年齢を楽しめていますか?
亀井さんは根は誰よりも真面目だから、元モーニング娘。として恥じない行動を心がけ実践していると思う。
その縛りが、一般人となりし今、どんな影響を及ぼしているのか
我々には想像もつかないけれど
1個人として願うことは、亀井さんが毎日幸せに過ごしているといいと思う。



全く今更なのだけど、にほんざるは亀井さんの卒業に際し
卒業アルバムを制作した。
握手会で、「作っています」と勝手に伝えて、勝手に必死に作った。
もちろん、覚えてないだろうけど。

自身の持つ全ての映像を振り返り制作していたら、半年もかかってしまった。
亀井さんの写真ばかり散りばめても、ストーカーちっくで気持ち悪いわけで
亀井さんの歴史がわかるような、ちゃんとした、結構大真面目なやつを作ったわけだ。

P1090298.jpg
タイトルは「証(あかし)」
理由は、亀井さんが「女と男のララバイゲーム」の発売記念イベントで
最後のアルバム「Fantasy!拾壱」について「証です。」と答えたことから。
亀井さんのモーニング娘。としての8年の活動の証を、自分も作ってあげられることができたらと思った。
キザなことをして、少し恥ずかしい。

いつか直接手渡ししたい。
そう思って、東京へ行く際は常に持ち歩いた。
バカみたいだろ。
適当に歩いてて偶然出会えるわけもない。
案の定、4年が過ぎてる(笑)


シゲさんの卒業式が最後のチャンスだと思っている。
気持ち悪がられ(亀井さんに限ってそんなことはないだろうけど)、捨てられるにしたって
直接渡したい。
モーニング娘。あてのプレゼントBOXに預けるなんて、どうなってしまうか分からないし
そんなことじゃ納得出来ない。
今回がダメならば、もう自宅に保管しよう。
誰か貰ってくれるなら、貰ってくれ。
せっかく作ったのに、自分で持っているのも何か虚しい。


横アリまであと一か月。
遠くからでも、見られたら、それでいい。
そう思いたいけど、やっぱり無理だ。
ルール違反はしない。
もしチャンスをもらえるならば、一瞬でもいいから近くで見たい。
一言でもいいから、声をかけたい。

オータムジャンボ宝くじはさっぱりだった俺に
どうか神様、運気をください。


もし、何も収穫がなく、亀井さんに会える最後のチャンスが終わってしまったら
俺はどれだけ落ちるのだろうな。


最悪まで想定してしまうよ。
いかんいかん。
つんく♂Pも言っている。

「思う念力は岩をも通すのさ」

そうだそうだそうだ全く!そのとおり!

もうすぐシゲの卒業です。 

亀井絵里さん

俺は気づいたよ。


亀井さんの誕生日は12月23日。



23日。


そう。



あのバスケットの神様、マイケルジョーダンの背番号である23番と同じだ!!


なんということだ。

君はマイケルジョーダンなんだね。

MJなんだね。



思えば君のあの跳躍力は
フリースローラインから豪快なダンクを決めるMJのようだった。
IMG_0069.jpg

(※にほんざるは病んでいません。)



久しぶりの更新で何やってんだ。

その後も相変わらず。
なかなか東京近郊へ出向く機会は減ったものの
時たま行けたら、時間を見つけてロケ地巡りに行っている。

8月には20 DREAMSのロケ地、沖縄本島を巡ってきた。

0014-20140806.jpg
20140830-132104.jpg

約6年前のDVDだ。
やはりいろいろと変わってはいたが、たくさん収穫があった。
沖縄なんてそんな簡単に行けないよなと思っていたが、2泊3日でも十分だった。
誘ってくれた友人に感謝。

そのうち更新・・・するかな?


さあ、シゲさんの卒業まで残り約二ヶ月。
呼び名としてはさゆが正しいでしょうが、亀井さんがさゆのことをよく「シゲ」と呼んでいたので、なんだか俺の中では今でもさゆはシゲさんだ。
若手を育て、卒業のタイミングとしてはベストではないだろうか。
プラチナの頃のメンバーで、まさかシゲさんが最後まで残るなんて、全く想像すら出来なかった。
そしてついには娘。の在籍年数、歴代1位だ。
いつの間にか、モーニング娘。の顔になっていた。
人は置かれた環境で意識だけではなく、美の部分でも変わっていくものだな。
前も可愛かったが、今は年齢相応の美しさに色気すらある。


残り二ヶ月間。
相当忙しく、忙しいと身体に出やすいシゲさんからすると、相当心身ともにキツイ日々となるだろう。
でもラストスパートと思えば、かつての仲間たちがそうしてきたように
シゲさんもやり遂げることが出来るだろう。

にほんざるも、最終日の横アリには参加させて頂く。

今の娘。、そして今のシゲさんの人気っぷりから言えば
横アリ規模ではなく、埼玉スーパーアリーナクラスの大きな会場もいけたように思う。
それをわざわざ?、横アリにしたのは、なんだか粋なことしてくれたなと思う。
親友亀井絵里、そしてジュンジュン、リンリンが卒業した地。
3人の卒業で、時代が一つ終わった。
横アリはそんな地であるように思う。
シゲさんにとっても感慨深い場所なんじゃないかなー、とにほんざるは思っている。

20101216 1604314


そんな場所での娘。として最後の勇姿を俺も見に行かせて頂く。




にほんざるは亀井さんヲタですので、やはり亀井さんに会うこと・・・
というか遠くからでもいいので見ることが大きな大きな、それは大きな目的である。
シゲさん卒業後の残りのメンバーとは、亀井さんは一緒に活動していないので
確実に亀井さんが会場に現れると予測できるのは、今回のシゲさんの卒業が最後のように思う。


言い換えればだ、、、、、





亀井さんに会えるのは一生のうちこの日が最後かもしれない!!!

ということだ。
絵里ヲタ諸君、わかっているよね。

もちろん復帰への希望と期待はいつまでも持ち続ける。
でも先の保証はどこにもない。

確実なのは、このシゲさんの卒業式だけなのだ・゜・(ノД`)・゜・。



せっかく日本武道館を攻略したというのに、全く生かせなかったな(笑)
なんとか、絶対に見る。
可能な限りのベストを尽くす。
亀井さんへの熱い想いは、必ず奇跡を起こしてくれる。
過去がそうであったようにだ!!

よし、頑張れ俺。
なんとかしろ俺。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。